超大気圧イオン源を用いた質量分析の研究

准教授 チェンリーチュイン 電子メール:leechuin@yamanashi.ac.jp

 ホームページ:http://www.ee.yamanashi.ac.jp/leechuin/

質量分析は、分析化学、生物化学、ライフサイエンスにおける不可欠なツールであり、質量電荷比を測ることによってサンプル構成、定量などの情報が得られる。試料を質量分析するために、サンプルの分子を帯電させなければならないので、イオン源は、質量分析計における重要な一部である。我々は主にイオン化法の基礎を研究し、新規イオン源とそのための関連技術(イオン導入、採集法など)を開発し、さらに医療装置に応用する技術の開発のため、梨大医学部と質量分析計メーカーとの共同研究も行なっている。

現在、市販の質量分析計または他研究室のプロト機ではイオン源の作動気圧は殆ど一気圧である。イオン源の気圧は、イオンの生成およびイオンの運送に重要であり、我々は大気圧以上の圧力範囲でのイオン化過程の基礎研究を行なっている。
例えば、超大気圧下では,絶縁破壊電圧がより高電圧側に移行するのに対し,エレクトロスプレーの開始電圧は気圧に依存しないので,従来型のESイオン化法で困難であった水溶媒サンプルの分析対して、コロナ放電等の擾乱なしに高感度な質量分析が可能であった。

leechuin2